奈良県【生駒】市、小児科・アレルギー科・予防接種・乳児健診・発達相談のなかや小児科です。こどもの発熱などの一般的な症状からアトピー、生駒市の定期・任意予防接種、乳児健診等、お子様の事なら何でもご相談ください。

院長コラム

第4波について 奈良県の変異株

奈良県での変異株割合は約3割を占めています。(ただし検査数が少ないので正確さには欠けます。)変異株はほぼ100%英国株となっております。英国株の特徴としては、感染力の高さが指摘されております。一方、ワクチンの効果は期待で …

ファイザー製のワクチンの有効性と副反応について ランダム化比較試験から

The  new England Journal of Medicine という一流雑誌にファイザー製のワクチンの有効性と副反応についての論文があります。「Safety and Efficacy of the BNT16 …

COVID19の第3波、ワクチン、変異種について

年末年始から東京圏および大阪含む大都市でCOVID19が急増し、地域別ではありますが緊急事態宣言がでることとなりました。年末の忘年会やカラオケで感染し、その家族にも感染し増えているといったところです。奈良県は比較的まだ少 …

奈良県における新型コロナウイルス抗体検査の結果 および 第3波

2020年7月に実施された奈良県での新型コロナウイルス抗体検査の調査結果がでましたので、ご報告いたします。奈良県で検査された方3505人中、コロナ抗体陽性者は1人でした。陽性率は0.03%です。陽性者が1人ですので、誤差 …

コロナの感染力 ~ゼロリスクは求めない~

新型コロナウイルス(COVID-19)は感染者の75%は他の人に感染させていないことが知られております。ただ感染者が3密の状態にいると感染力が18.7倍になるとのデータが出ており、感染拡大の決め手はやはり「3密(密閉、密 …

子どもたちにとってCOVID-19は重症化しないのか

日本での子供たちの新型コロナウイルス(COVID-19 )の死亡率は0%です。世界ではどうか。世界では0‐9歳で0.0026%です。インフルエンザでは0‐4歳で0.0073%、5‐9歳で0.0028%ですから少なくとも子 …

コロナウイルス 第2波の再燃

大阪府ではコロナウイルス感染の方が連日100名を超え、第2波の再燃が起こりつつあります。第1波は2月の中国武漢からのウイルス(すでに終息)、第2波は3月中旬ごろに来た欧米由来のウイルスです。今回はその再燃(第2波の再燃) …

新型コロナウイルス(ただ少し私見も含みます)、今後の予測

新型コロナウイルスによりさまざまなところに「ひずみ」が生まれ、多くの方が大変な日々をおくられていると思います。4月7日に緊急事態宣言が発出され、感染拡大は全国的に低下傾向がみられます。しかしながらまだまだ感染経路不明の患 …

こどもの発達で大切な3つの軸(認識、社会性、自己制御)

こどもの発達を考えるうえで、3つの軸が重要です。①認識(理解)の発達:探索行動が推進力となって、人間世界を知っていく②社会性(関係)の発達:愛着行動が推進力となって、人と社会的な関わりを学んでいく③自己制御力(意思)の発 …

「赤ちゃんのふしぎな世界」

日本産婦人科医会のHPに育児支援ビデオ「赤ちゃんのふしぎな世界」があります。赤ちゃんの心についてのお話です。このビデオは、乳幼児期の脳とこころの健全な発育・発達のためには、母親をはじめとする周囲の大人たちの愛情深い関りが …

1 2 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 2021 なかや小児科 All Rights Reserved.
電話 予約 アクセス 診療時間