関東で風疹が流行し今も増加しています。今年になってから全国で1289人、関西でも大阪で30名を超える方が感染の報告があります。30-40歳代男性の報告が最も多いですが、20-30歳台の女性、20歳台の男性もその次に多いです。

1992年4月2日以前の出生の方(男性・女性)は原則1回のみの接種、1979年4月2日以前に出生された男性の方は一度もワクチンを受けていない可能性があります。

妊娠20週頃までの妊婦の方が風疹ウイルスに感染すると、胎児に眼、耳、心臓に障害をもつ先天性風疹症候群の児が生まれる可能性があります。妊娠中は風疹ワクチンの接種は受けられません。また風疹含有ワクチン接種後は2か月の避妊が必要です。

妊娠前に2回の接種を受けておくこと、そして周囲の方がワクチン接種を受けておくことが大切です。特に30-50台の男性でこれまで風疹に罹ったことがなく、風疹含有ワクチンを受けていないか、あるいは接種不明の場合は早めにワクチンを受けられることをお勧めします。

MR(麻疹風疹)ワクチンは自費で10000円、風疹ワクチンは6000円ですが、流行が収束するまで風疹ワクチンは5500円にいたします。風疹ワクチンは取り寄せになりますので、お電話のみで予約を受け付けております。